​カンボジア渡航

春期休暇中の約10日間で、プノンペンとシムリアップの2都市、そして現地の村を訪れます。
プノンペンとシムリアップでは、現地のガイドとともに、世界遺産やポルポト政権といったカンボジアの歴史と向き合います。また、村では、2~3人を1組として、ホームステイを行います。電気も十分に通っていない村で、現地の人々と生活を共にします。
新興国での生活は、決して快適なものではありません。しかし、普段私たちが感じることのできない、新興国ならではの空気がそこにはあります。自分を見つめなおし、視野を広げるには最適な渡航となっております。​